PROFILE

整体師のご紹介

杉山 チカ

Sugiyama Chika

香川県生まれ。東京女子大学現代文化学部言語文化学科卒業。在学中よりアルバイトで整体院に勤務し、整体師の道を歩みはじめる。大学卒業後、総合病院の総合職を経て、2008年4月に東京・神楽坂に「café de mille 調和健康院」を設立。痛みや病と闘うことなく、心地良さの中で「治っていく身体づくり」を目指した、「機嫌よく生きる方法」としての整体法を提言。気功を取り入れた独自の整体法を確立し、幅広い世代の顧客から信頼されている。

みなさんへのメッセージ

このたびは、数ある整体院・治療院の中からcafé de mille調和健康院をお選び下さいまして、誠にありがとうございます。このご縁に感謝を込めて、私の大切にしている考えを少しお話させていただきます。

よく眠り、よく生きるための整体法

整体の根底には「養生」という意義があります。
養生とは、言葉の通り「生」を養う、ということですが、これは身体を養うことに止まりません。身体を整えるということも結局は、「より良く生きる」ためにしていること。そして、「より良く生きる」ことは、「より良く死ぬ」ことにつながります。
 
「毎日眠ることは、毎日死ぬ練習をしていることに同じ」とは、私が整体師として独立を決めた時に後押しとなった、整体の創始者・野口晴哉先生の言葉です。この言葉を思い浮かべるたびに、人は一日分の人生を重ねながら生きている、ということを思います。

整体法とは、身体のつかえを取り除き、ゆるめることで、よく眠れる身体へと導く技術でもあります。そして、よい眠りとよい目覚めを繰り返す循環をサポートし続け、一人ひとりの方の生を支え、気持ちよく死を迎えるためにあると言っても大袈裟ではありません。私たちは誰しも、いつ死ぬかわからない、という前提を共有して「今」という時間を平等に与えられています。

あなたは今この時を機嫌よく過ごせていますか?
もし大切な今この時を身体の不快感に引きずられて、むなしく過ごしてしまいそうになっていたら、いつでもとっておきの整体をご用意してお待ちしております。

私にとって整体は道そのものですが、皆様はお気に入り喫茶店でちょっと贅沢にくつろぐように、ご自分の人生という道の途中でお疲れを回復しに、のびのびとした気持ちでお越しください。「今が一番幸せで、明日はもっと幸せです」と笑顔で口ずさめる毎日が待っていますよ。

©︎ café de mille 調和健康院 All Rights Reserved.